宝くじ【当選確率を一覧にして比較したみたら・・・】驚愕の事実と対策

宝くじ 当選確率 比較 一覧

いつでも気軽に買えるスクラッチ宝くじからロト6、ナンバーズなどの数字系、
年末ジャンボ宝くじなどなど、宝くじって種類がたくさんあるけど、一体どれが一番当たりやすいんだろう?そんなこと考えたことありませんか?

ということでこの記事では、
『宝くじの当選確率をそれぞれ比較して一覧』にしてみました!

 

各種宝くじの当選確率を一覧表にして見てみよう!

まずは、
ジャンボ宝くじ(年度によって変わることがあります)

ジャンボ宝くじの当選確率

当選等級 当選金額 当選確率
1等 5億円 0.00001%
1等の前後賞 1億円 0.00002%
1等の組違い 10万円 0.001%
2等 2000万円 0.00002%
3等 100万円 0.001%
4等 5万円 0.01%
5等 3000円 1%
6等 300円 10%

 

ロト6の当選確率

当選等級 当選金額 当選確率
1等 約2億円 0.000016%
2等 約1000万円 0.0001%
3等 約30万円 0.003%
4等 約7000円 0.16%
5等 1000円 2.5%

 

ロト7の当選確率

当選等級 当選金額 当選確率
1等 約4億円 0.00001%
2等 約1000万円 0.00014%
3等 約100万円 0.002%
4等 約12500円 0.09%
5等 約2000円 1.4%
6等 約1000円 2.4%

 

ミニロトの当選確率

当選等級 当選金額 当選確率
1等 約1000万円 0.0006%
2等 約15万円 0.003%
3等 約1万円 0.07%
4等 約1000円 1.9%

 

ナンバーズ3の当選確率

タイプ 当選金額(理論値) 当選確率
ストレート 9万円 0.1%
ボックス 1.5万円 0.3%〜0.6%
セット(ストレート当たり) 5.25万円 0.1%
セット(ボックス当たり) 7500円 0.2%〜0.5%
ミニ 9000円 1%

※当選金額は毎回変動します

 

ナンバーズ4の当選確率

タイプ 当選金額(理論値) 当選確率
ストレート 90万円 0.01%
ボックス 3.75〜22.5万円 0.04〜0.24%
セット(ストレート当たり) 約50万円 0.01%
セット(ボックス当たり) 約2〜12万円 0.03〜0.23%

※当選金額は毎回変動します

 

toto BIGの当選確率

当選等級 当選金額(販売金額の50%)の按分割合 当選確率
1等 76% 0.00002%
2等 9% 0.0006%
3等 2% 0.008%
4等 4% 0.06%
5等 4% 0.33%
6等 5% 1.3%

 

toto BIG1000の当選確率

当選等級 当選金額(販売金額の50%)の按分割合 当選確率
1等 60% 0.0006%
2等 15% 0.012%
3等 15% 0.12%
4等 10% 0.75%

 

toto miniBIGの当選確率

当選等級 当選金額(販売金額の50%)の按分割合 当選確率
1等 50% 0.005%
2等 20% 0.09%
3等 30% 0.73%

 

ここまで、
色々な種類の宝くじの当選確率を見てきましたがいかがでしょうか?

ハッキリ言って、
当選確率が0.000????とか言われても、
実際に儲かるのかどうかって、良く分からない!!!!ですよね^^;?

そうなんですよね。
実際のところは当選確率がわかったとしても、
買うに値する宝くじなのかどうか?は不明なのでございます。

ということでココからが大事なのですが、
期待値!!!という考え方が非常に重要です!!!

 

期待値って何?

期待値というのは、

【ある試行を繰り返し行った時に得られる数値の平均値】

というのが説明になります。

ちょ!!難しくね?ということで、
もう少しイメージしやすい感じでお話すると・・・

宝くじにおいて言えば・・・

【宝くじを1枚(一口)買ったら、いくらのリターンがあるか?】ということを意味します。

ココでは、
一例として『ジャンボ宝くじ』の期待値を考えてみたいと思います。

ジャンボ宝くじは、
1ユニットにつき1枚1等の当選番号が入っております。

1ユニットというのは、『番号100000〜199999』までの10万枚×組数(100)。
つまり、1ユニット=1000万枚ということになります。

そして、
上の表で説明しましたように
ジャンボ宝くじの1等当選確率は0.000005%

ジャンボ宝くじの1等当選金額を5億円とすると、
5億円×0.000005%=25円となります。

ジャンボ宝くじは1等以外にも、
前後賞や2等・3等とありますから
それらの期待値も算出し、全期待値を合計すると・・・

ジャンボ宝くじの種類によって多少異なってきますが、
ジャンボ宝くじ全体での期待値は150円にもなりません。

仮に150円だと計算しても、
これが何を意味するか?と言いますと・・・

1枚300円のジャンボ宝くじを買えば、
150円になって返ってくる計算は成り立つ。ということになります。

 

はい。

お気付きかと思いますが、
宝くじは買えば買うほど損をする計算が成立してしまっているのです・・・

コレは、
ジャンボ宝くじだけの話ではなく、
全ての宝くじにおいて言えることですが
すべての宝くじが投資に値しないものであると言っても過言ではありません。

だって、
厳しい言い方をすれば、
買えば買うほど損をする計算になるんですよ?

もっと、
期待値の高い対象に投資することを考えませんか?

私が個人的におすすめする投資対象は、FXになります。

「な~んだFXかよ!」と思われたかもしれませんが、
期待値のお話をさせていただきますので少しだけお付き合いください。

まず、
FXって何か?と言いますと、
ドル円などの通貨ペアを売ったり買ったりするものですよね。

で、
行動としては
基本的には【買う】か【売る】しかありません。
つまり二択です。

ココだけを考えると勝率は50%ですよね?
勝率50%だとお金は増えない!!!と思いませんか?

でも!ですよ。

買った時の利益が1万円で
負けた時の損失が2000円だったらどうでしょうか?

10回トレードして、
5回勝って5回負け。とすると・・・

5×10000円(→勝ちトレード)ー5×2000円(→負けトレード)=プラス4万円。

はい!
勝率は50%にも関わらず、
10回トレードするだけでプラス4万円にすることが出来ました。

これはザックリとしたイメージなのですが、
最初から負ける勝負であることが決まっている宝くじでお金を無駄にしてしまっているのであれば、FXで勝負をしたほうがどう考えても期待値は高いし儲かるのになぁ〜といつも思っております。

ということで、
ドバイで富豪生活を満喫している与沢翼氏も億を稼いだ海外FX口座を紹介したいと思います。

FXでこの海外FX口座をおすすめする理由は、
追証(通称:追加証拠金)と言われるものが存在しないからです。

日本国内のFX口座でFXトレードをした場合、
最悪の場合、多額の借金が発生する可能性もありますが
この日本人に大人気の海外FX口座を使うと追証が発生しない仕組みになっています。

つまり、
借金を背負う可能性はあり得ないので非常に人気です。

まずは、
遊び感覚でも良いのでデモ口座だけでも開設しませんか?

宝くじで今まで損していたお金が
これからは利益に変わるかもしれませんよ?

>> XMがどんなFX口座か少しだけ覗いてみる

 

 

 

 

 

 

 

 

関連コンテンツ

コメントを残す