【風水で億万長者】宝くじが当たる方法~実践編~

宝くじに当選すればもう億万長者

けど、毎年買い続けているのに当たらない…って人も多くいるのでは?
今回はこの宝くじの『当たる方法』を『風水』から調査してみました!

また、実際に当選した人の事例、風水、宝くじの保管方法など…
宝くじの「当たる方法」をまとめてみたいと思います!

宝くじ 当たる方法 風水

 

この記事では、

  • 宝くじが当たる?!風水から見る金運アップ3箇条
  • 絶対やってはいけない!宝くじの保管方法とは?!

について書かせて頂きます。

 

スポンサーリンク


宝くじが当たる?!風水から見る金運アップ3箇条

宝くじが当たる方法は誰でも知りたいですよね!
今回は、風水から見た宝くじの当選方法を調べてまとめてみました!

1.西に金色のものを置くと金運が上がる

よく風水的には
西に金色の物を置くと運気があがる!」と言いますよね!

「そんなの嘘だー!」
「迷信でしょ?たまたまでしょ?」

と思ってしまいますが、
実際にサマージャンボ宝くじで6000万円当選して、
続けてロト6で1等当選して2億円を当てた人がいます。

その人は実際に
西側のカーテンを黄色にしたことで
宝くじ・ロト6で1等を当てたんだそうです!

信じるか信じないかはあなた次第ですが
「開運」に対してポジティブ、かつ明るい人に
良い運気が舞い込んでくるみたいですよ!

何でも「気持ち」の持ち方が大切ということですね♫

 

2.玄関をキレイにする

玄関をキレイに!清潔に!
そして常に掃除をするよう心がけましょう!

なぜかと言いますと、
玄関は風水で「旺気」と言う「良い気」が入って来て
窓へ抜けて行くと言われています。

「旺気」は仕事運・財運に効果的な気であって
この気を呼び込むためには玄関をキレイにすることが大切です!

常に掃除を心がけ、
履かない靴は下駄箱へしまったりして整理整頓を心がけましょう!

また、玄関マットは「悪い気」を止めてくれるアイテムです!
外からやってきた「悪い気」をブロックしてくれて
「良い気」だけを運んで来てくれます。

「旺気」を入れやすくするためにも、
常にお客様を迎えるためにも玄関はキレイにしておきたいですね!

 

3.玄関に鏡や観葉植物を置こう!

また玄関に「」を置く事で
運気がアップすると言われています!

気をつけて欲しいのが
玄関の前に鏡を置いてしまうということ。

運気が鏡によって跳ね返されてしまいますので注意してください!

また、花や観葉植物を玄関に置く事によって
運気を吸い込みやすくしてくれます!

枯れた花やドライフラワーは避けてください。
生花か鉢植えなど「生きた花」を下駄箱の上に置きましょう。

 

スポンサーリンク


絶対やってはいけない!宝くじの保管方法とは?!

よし!宝くじ買ったぞ!
そのまま、台所にポーーーン。と保管…。

↑これ、一番やってはいけません!!!

宝くじは買った瞬間から番号が決まっていますが
運気が上がるためにも!金運を上げるためにも!
ちゃんとした保管方法・保管場所があるんです!

 

1.買ってきたら真っ先にやること!

まずは、宝くじを購入したらすぐに「袋から出しましょう!」
これは、宝くじで高額当選している人の「鉄則」です!

なぜかと言いますと
この宝くじの袋。ビニールでできているのですが

このビニールは風水的に「火」を意味し
お金を「燃やす」という意味になっていまいます。

なので、まず宝くじを購入したら
袋から取り出し「黄色の布」「黄色の財布」
とにかく「黄色もの」に包んで保管してください!

 

2.宝くじの保管場所

「黄色の袋に包んで…さぁ。台所に置いておこう!」

ストーーーーップ!
ここも危険です!

まず、先ほども言いましたが
ビニールは風水で言うと「火」を意味しますよね?

なので、
プラスチックでできた棚や引き出しの中での保管はNG!

木製のタンスの上・神棚・木製タンスの引き出し』など
コレらの中に入れておくと良いみたいです!

「お金」は暗い場所で増えると言われているので
木製タンスの引き出しがベストかな?と思います!

 

3.キッチン周りの保管はやめましょう!

キッチンには火を使うコンロもありますし、
水を使う水道もあります。

水は「金運を流してしまう」と言われているので
こちらもキッチン周りの保管はNGです!

 

という訳で、
今回は風水から見た金運アップ!
当たる方法を調べてまとめてみました!

信じるか信じないかはあなた次第ですが
一番大切なのは「自分」自身の「気持ちの持ち方」ですね!

私も実践して宝くじあてるぞーーー!

目指せ!億万長者!!!

宝くじ 当たる方法 スクラッチ

 

スポンサーリンク


コメントを残す