宝くじ【当選確率Xリターンの徹底比較!】ロト7やスクラッチより還元率が高いのはどれだ!?

宝くじ 確率 比較 ロト7 スクラッチ 高い宝くじの当選確率って
「雷に撃たれるくらい」「海で泳いでサメに食べられるくらい」の確率だと言われていますが…

実際、宝くじ(ジャンボ・ロト6・ロト7・スクラッチ)などの
当選確率を比較したときに高い確率
なのはどれなのか?

調査してみました!

スポンサーリンク


  • 宝くじ(ロト6・ロト7・スクラッチなど)の当選確率を比較してみた!
  • 【うそ!?意外!】当選確率が高い宝くじとは?

について書かせて頂きます。

 

宝くじ(ロト6・ロト7・スクラッチなど)の当選確率を比較してみた!

宝くじは宝くじでも年末ジャンボ・サマージャンボ・グリーンジャンボ・
ドーリームジャンボ・オータムジャンボと呼ばれているジャンボ宝くじがあれば…

ロト6・ロト7・ミニロト・ナンバーズがあったり
その場で当選がわかるスクラッチなど様々な種類がありますよね!

では…この中で1等の当選確率って一体どんなものなのか?
まとめてみました!

 

ジャンボ宝くじの1等当選確率

1口300円のジャンボ宝くじの
1等当選確率は1000万分の1と言われています!

これは、東京ドームの収容人数を45,000人で計算した場合、
東京ドーム約222個にひしめき合ってる人の中から
幸運な1名だけ選ばれるのと同じ確率だと言われています!

絶望的な数字…!

 

ロト6の1等当選確率

ロト6の1等当選金額は最高4億円!

1口200円のロト6の1等当選確率は
約610万分の1の確率と言われています。

ただ、1等が当選したからと言って
1等当選者が複数人いた場合、貰えるわけでも無いです。

 

ロト7の1等当選確率

ロト7の1等当選金は最高8億円!
1口300円のロト7の1等当選確率は
約1029万分の1と言われています。

あれ?ジャンボ宝くじよりも1等当選確率が低くないですか???w

 

ミニロトの1等当選確率

ミニロトの1等当選金は最高約1000万円!

1口200円のロト7の1等当選確率は
約17万分の1と言われています。

これは東京ドーム4個分の中の1人から選ばれる確率と同じですから
ジャンボ・ロト6・ロト7と比較したら当選確率はかなり高くなりますよね!

 

ナンバーズ3の1等当選確率

1口200円のナンバーズ3の当選確率は
1000分の1の確率と言われています!

1000分の1の確率で
ストレートが当たるということなのでなかなか高いですよね!

 

ナンバーズ4の1等当選確率

1口200円のナンバーズ4の当選確率は
1万分の1の確率でストレートが当たると言われています!

こちらはナンバーズ3よりかは確率は低くなりますが
それでもジャンボ・ロトと比較すると高い方です!

 

スクラッチの1等当選確率

1口200円のスクラッチですが
当選金額によって確率が変わってきます。

1等1000万円のスクラッチの
1等当選確率は100万分の1と言われています。

また、1等100万円のスクラッチの
1等当選確率は12万5千分の1と言われています。

その場で手軽に楽しめるスクラッチ宝くじなので
人気なのかもしれないですね♫

スポンサーリンク


【うそ!?意外!】リターンを含めて当選確率が高い宝くじとは?

先ほど紹介したのは
あくまでも「確率」だけを重視した結果なので
参考程度に見て頂けたらと思います!

じゃぁ!結局!
その宝くじが1番あたりやすいのか?!
1番当選リターンの割合が高い宝くじってどれなの??

ってところが気になりますよね!w
という訳でちょっとまとめてみました!

例えば!
宝くじで1億円を当てようとした場合の投資金額はいくらになるでしょうか?

  • ジャンボ宝くじの場合…

1等の5億円当てようと思ったら300億円の投資が必要です。

300億円投資すれば必ず5億円当たるという計算です。
1億円を当てると仮定した場合、投資金300億円を「5」で割ってみると…

『60億円』
1億円当てるためには『60億円』の投資金が必要です。

このように計算した場合…

  • ロト6の場合…(キャリーオーバーが発生した場合で仮定)

1等の4億円を当てるためには12億2千万円必要となり、
1億円を当てるためには『3億円』の投資金が必要です。

 

  • ロト7の場合…(キャリーオーバーが発生した場合で仮定)

1等の8億円を当てるためには30億8千万円必要となり、
1億円を当てるためには『4億円』の投資金が必要です。

 

  • ミニロトの場合…

1等の1000万円を当てるためには3400万円必要となり
1億円を当てるためには10回1等に当選しなければなりません。
その為、1億円当てるためには『3億4千万円』の投資金が必要です。

 

  • ナンバーズ3・ナンバーズ4の場合…

1等9万円(ナンバーズ4の場合90万円)を当てるためには
20万円(ナンバーズ4の場合は200万円)必要となり
1億円当てるためには1111回も1等に当選しなければなりません。
(すごい数字…)
その為、1等を当てるためには『22億円』の投資金が必要です。

 

  • スクラッチの場合…

1等1000万円を当てるためには2億円の投資金が必要となり
1億円当てるためには10回も1等に当選しなければなりません。
その為、1億円を当てるためには『20億円』の投資金が必要です。

また、1等100万円を当てるためには
『約25億円』の投資金が必要です。

 

んーー。

こうやって見たら…1億円当てるのってすごい確率で
ものすごい金額の投資金が必要なんですね!

ジャンボ宝くじだと確実に5億円ゲットするために
300億円投資しても5億円ですから…w

悲しいな…。w

という訳で、
宝くじの当選確率を比較してみた結果
1億円を当てるためには…ん〜〜〜
ロト6が一番確率的には高いんじゃないかな?と思います!

あくまでもキャリーオーバーが発生した状態で仮定してますし、
当選者の人数によっても当選金の額が変わってくるので

何とも言えないのですが…
でも!確かに私の周りではロト6を購入してる人が多いですよ!

その理由はこういうことだったのかな???

スポンサーリンク


まとめ

という訳で今回は
宝くじ(ジャンボ・ロト6・ロト7・スクラッチ)などの
当選確率を比較したときに高い確率なのはどれなのか?について調査してみました!

是非、参考にして頂けたらと思います!

コメントを残す